この記事ではカジノの王様とも言われるカジノの中でも人気が高いゲーム「バカラ」の遊び方について紹介をしていきます。

初心者からカジノ上級者まで幅広いプレイヤーが遊んでいることもありゲーム人口が非常に多いゲームのひとつです。バカラのルールや遊び方はシンプルで分かりやすいのでぜひプレイしてみてください!

バカラってなに?ゲームの概要を知ろう

バカラってなに?
難易度簡単
進行速度30秒~1分
配当1.95倍~8倍
ライブカジノ

バカラはトランプを使ったカードゲームの一種です。カジノにはいくつかトランプを使ったゲームがありますが、非常にシンプルなゲーム性で「バンカー(胴元)」と「プレイヤー」のどちらが勝つかを予想するゲームとなっています。

ここでいうプレイヤーとは我々のことではありません。テーブル上の仮想の勝負を観戦者として、「それぞれ配られる2枚のカードの合計値のどちらの方が9に近いかを予想し、勝つ方にベットする」ゲームです。

正確に言うと「タイ(引き分け)」もあるので3つの選択肢の中からどうなるのかを予想していきます。ここからはバカラのルールを優しく解説していきましょう。

初心者でも分かるバカラのルール・特徴

先程も言いましたが、バカラの基本的なルールは「バンカー(胴元役)」と「プレイヤー(客役)」のどちらが勝つかを観戦者として予想してベットするゲームとなっています。

ルールは簡単で、配られる2枚のカードの合計値の下一桁が9に近い方が勝ちとなり、勝った方にベットした場合に配当がもらえます。

ゲームの流れによっては2枚では勝敗がつかずに3枚目が配られる場面がありますが、その条件に関しては後述するのでご安心を。

バカラの基本的なルール

上の画像をご覧ください。この場合にはプレイヤー側の数字が9に近いため「プレイヤーの勝利」となります。簡単なルールでしょう?

バカラでのトランプの数え方

バカラを遊ぶ上で最低でも覚えておきたいがトランプの数え方です。他のカードゲームのブラックジャックなどとは数え方が違うので間違えないようにしましょう。

バカラの数え方

トランプの1~10に関してはそのまま読むので考える覚えることはありません。例えば、数字の「3」と「6」が来た場合には合計が「9」となります。また合計値の下一桁が9に近い方が勝ちとなります。

ですが「11(J)」「12(Q)」「13(K)」のトランプはすべて「10」または「0」となります。0でも10でも合計値には影響しないので0だと思っておくと計算しやすいですね。例えば「8」と「12(Q)」がきた場合には「8」となります。11~13の絵柄があるトランプはバカラでは「ピクチャー」と呼ばれているので覚えておくとより楽しめますよ。

以上がバカラでのトランプの数え方になります。またバカラではジョーカーは使用しません。

ほぼ勝確のナチュラルとは?

バカラのナチュラル

ナチュラルとは3枚目のカードを引くことなくその勝負を終わらせることができる状態のことを言います。

合計値が「8」「9」の場合にはそれぞれナチュラル8・ナチュラル9と呼ばれており、相手がそれに勝てる数字もしくは同点で無い限りは3枚目を引くことなく終了となります。

つまりナチュラル8に勝つにはナチュラル9しか無く、ナチュラル9の場合はもう片方もナチュラル9で無い限り勝ちです。手札としてはかなり強いため自分が賭けた方にナチュラルが来たら喜んで良いでしょう!

バンカーが勝利した際のコミッションってなに?

基本的にバカラはバンカー・プレイヤーのどちらが勝つか予想し的中した場合(タイを除く)はベット額の約2倍がペイアウトされます。

ただ一点注意してもらいたいのが「バンカー」が勝つと予想をして的中した場合には正確にはベット額の1.95倍がペイアウト額です。

難しい話は別の記事で紹介をしますが、確率的にバンカーの方が勝ちやすくなっています。そのためその分をコミッション(手数料)として取られるということです。

バカラをプレイする流れを解説

ここからはオンラインカジノでバカラをプレイするまでの流れを紹介していきます。

1プレイするバカラを選択する

ここでは、カジノシークレットの画面で解説をしていますが、まずあなたが登録しているオンラインカジノでバカラゲームを選びます。

カジノシークレットでバカラをプレイ

ゲームによって最低ベット額(ミニマム)が違ったり、特殊なルールが追加されているバカラがあったりするので注意してください。おすすめのバカラゲームに関してはあとでまとめて紹介をします。

2テーブルにチップをベットする

テーブルに座ったあとはテーブルにチップをベットしていきます。基本的にはディーラーがトランプを並べる前にベットが終わり、時間になると「No more bet(ノーモアベット)」と言われベットできなくなるので時間内にチップを起きましょう。

カジノシークレットでバカラをプレイ

チップを置く場所は大きく分けて「バンカー」か「プレイヤー」です。ゲームによって多少違いはありますが、上画像のように大きく「BANKER」「PLAYER」「TIE」と書かれているので分かると思います。

自分が勝つと予想する方向にチップを置きます。チップ毎にベットする金額が違うのでよく金額を見てから置くチップを選びましょう。

バカラの遊び方

3ディーラーがカードをめくり結果を待つ

チップを置いたらあとはディーラーがトランプをめくりゲームを進行します。海外のライブカジノでは一番高額のベットをしたプレイヤーがカードをめくる「絞り」をすることもできますが、オンラインカジノでは基本的にディーラーがサクサク進めます。

バカラでチップをベット

ゲームが終了し、予想が的中すると配当は自動的に残高に追加されます。テーブルに座っている限りゲーム毎にベットしなくちゃいけないというルールはありません。自分がベットしたいタイミングで参加して大丈夫です。

もちろん1回だけプレイして勝ち逃げもOK。

バカラで3枚目を引く条件(プレイヤー・バンカー)

これまで解説してきたようにバカラでは配られる2枚のトランプのカードの合計値が9に近い方が勝ちになると言いましたが、2枚のカードでは勝負がつかない場合に3枚目のカードが配られる場合があります。ただこの条件が少し複雑です。

ちなみにすべてディーラーがすべてやってくれるので覚えていなくてもバカラはプレイできますが、覚えておくとよりバカラを楽しめます。

3枚目のカードがプレイヤーに配られる条件

3枚目のカードはプレイヤー側から配られるようになっています。プレイヤー側に3枚目のカードが配られる条件は簡単です。

プレイヤー側のカードの
  • ・最初の2枚の合計が、5以下の場合→3枚目のカードが配られる
  • ・最初の2枚の合計が、6か7の場合→カードは配られない
  • ・最初の2枚の合計が、8か9の場合→ナチュラルなので配られない

という流れになります。プレイヤー側のカードの合計値が5以下の場合だけ3枚目のカードが配られるということになります。

ではバンカー側に3枚目のカードが配られる条件はどういう時なのでしょうか。

3枚目のカードがバンカーに配られる条件

バンカー側に3枚目のカードが配られる条件は少し複雑で、プレイヤーの3枚目のカードの合計値とバンカー側の2枚のカード合計値によって配られるかどうかの条件が変わります。

複雑なので表にまとめました。

バンカーに配られる条件
  • H(ヒット):3枚目を引く
  • S(スタンド):引かない

バンカーもプレイヤー同様にナチュラルの場合には3枚目は引きません。以上の条件のもと、バンカーも次のアクションが決まり、プレイヤーのカードと勝負をすることになります。

バカラのアクション

ここまで解説してきたバカラのゲームの流れを図解するとこのようになります。最初の内はこの図を見ながらバカラをプレイしながら少しずつ覚えていきましょう。

バカラの必勝法!これを覚えてバカラを攻略しよう

バカラはカジノで遊べるゲームの中でもとても運要素が強いと言えます。ですが、バカラには「大路」や「小路」など罫線でゲームの流れを表すものがあり、その罫線を見て次にバンカーとプレイヤーのどちらが勝つのかを予想することが攻略法のひとつです。

ここでは大路の見方や、負けない賭け方を覚えてバカラをプレイしてみましょう。

おすすめのバカラはこれ!人気のゲームを紹介

バカラとひとことに言っても様々なソフトウェア会社(ゲームプロバイダー)がバカラゲームを開発・提供しています。例えるとサッカーゲームの中でも「FIFA」があったり「ウイニングイレブン」があったりするイメージです。

ゲームによってベット額が変化したり、通常のバカラに+アルファのゲーム性を付け加えたりしたものがあります。ここではこれからバカラをプレイする人のためにおすすめのバカラゲームを紹介していきましょう。

バカラに関してのよくある質問

バカラとミニバカラの違いはなに?
バカラとミニバカラはゲーム性に違いは無く、ミニバカラの方がミニマムベット額(最低ベット額)が低く設定されていることが多いです。
ライブバカラと通常のバカラゲームには違いがありますか?

非ライブのバカラではコンピューターが自動でカードを配ったりしてくれるためゲームスピードが早い特徴があります。

ライブバカラでは実際のディーラーがテーブルでカードを配ったりする映像をリアルタイムで配信されていてその映像を見ながらプレイすることが可能です。よりリアルに楽しめるのがライブバカラとなっています。