日本で生活をしていると色々な税金が付きまといますよね。給料をもらったら所得税、物を買ったら消費税、たばこを吸ったらたばこ税、車を持っていたら自動車税など。

オンラインカジノ納税・確定申告

パチンコや競馬で利益が出た場合にもちゃんと納税をしなければいけませんが、オンラインカジノも同様に確定申告をして納税する義務があります。

もっと言えばパチンコや競馬は個人がどれ位利益を得ているか分かりづらい部分もあるためうやむやになることがありますが、オンラインカジノの場合には利益を出金するにも銀行を経由して現金化するため履歴がしっかりと残ります。

その分余計に税金に関しては理解しておいた方が良いです!詳しく解説していきましょう。

なぜオンラインカジノは課税する必要があるのか

オンラインカジノ納税・確定申告

オンラインカジノで得た利益はがなぜ納税の対象となるのかと言うと、パチンコや競馬などのギャンブルと同様に「一時所得」として認められるからです。

でもパチンコや競馬で勝っている人全員が納税を行っているのか?と言われると決してそうでは無いと思います。

さきほども言いましたが、パチンコなどのでは現金での受け渡しが基本になるので、銀行などの取引履歴など何も残らないため徴収側が管理できていないような状況なっています。

反面、オンラインカジノの入出金の場合は銀行を通して受け渡しを行うためごまかしがきかないという訳です。ちゃんと納税しましょう!

税金を支払わないといけないのはどんな場合?

ただオンラインカジノで利益を出した全員が税金を支払う必要があるのかと言うと決してそうではありません!

課税の対象となる人には条件があります。

ざっくり言いますと、『その年の1月1日~12月31日までの間に50万円以上の利益をあげた人』が課税の対象になってきます。ギャンブルでの負けは支出には含まれませんので、利益だけを考えると分かりやすいです。

課税金額の算出方法(計算)をチェック

オンラインカジノ納税・確定申告

ここまでは、言葉のみで税金のことについて解説をしてきましたが、ここからは実際に課税が対象になる例を出して計算をしてみます。

課税金額の算出方法
一時所得=(収入の合計)ー(支出の合計)ー(特別控除額50万円)となっています。先程50万円未満の場合には納税の必要が無いと行ってのは、この特別控除額が50万円ほどあるので50万円未満は相殺されるということですね。さらに一時所得を1/2にしたものが納税額ということになります。

簡単に例をあげながら解説していきましょう。

1月13日5万円を使い30万円を獲得 = +25万円
3月27日10万円を使い5万円を獲得 = -5万円
4月7日10万円を使い50万円を獲得 = +40万円
6月17日3万円を使い10万円を獲得 = +7万円
7月2日5万円を使って15万円を獲得 = +10万円
10月11日10万円を使って5万円を獲得 = -5万円
11月24日7万円を使って20万円を獲得 = +13万円
12月4日10万円を使って2万円を獲得 = -8万

このような場合には、

収入額 95万円 ー 支出額 30万円 ー 特別控除額50万円 = 15万円

となるので課税対象ということになります。この計算式にある支出額30万円は「利益を獲得した場合の支出」です。損失を出した場合の支出はこの計算には含まれません!あくまで勝った時だけってことですね。

この計算で出た一時所得の15万円の半分「7.5万円」が課税額になります。

オンラインカジノで得た利益を確定申告する方法

さてオンラインカジノで納税する条件や計算方法が分かりましたが、確定申告をしていく必要がありますね。

ここからはオンラインカジノで得た利益の確定申告の方法を紹介していきます。

確定申告の時期は?

まず申告を行う時期についてですが、毎年2月16日~3月15日までの1か月の間です。

前年の1月1日~12月31日までの収入に対する申告という事になるので先程の計算で一時所得がある場合には申告しましょう。

この手続きを忘れてしまうと、後から申告した場合は期限後申告としてみなされ、税金とは別に無申告加算税が課される場合があるので注意してください!

確定申告に必要な書類を準備しよう

オンラインカジノ納税・確定申告

今からあげる必要な物には、自分自身で用意する物、支払いを受けた会社などに出してもらわないといけない物、2つがあります。

自身で用意出来るもの
・本人確認書類:マイナンバーカード、免許証、住民票、保険証など。
・印鑑:認め印(シャチハタ不可)、口座振替の申請を行う場合は銀行印。
・申告書:e-Tax(電子申告)可能。
・金融機関の口座番号:振替納税に変更する手続きに必要な物なので振替納税を希望しない人は無くてもOK。
支払いを受けた会社に用意してもらう必要があるもの
・源泉徴収票:会社に勤めている方は年末年始頃に会社からもらう
・支払調書:使っているオンラインカジノから年末年始にもらう

支払調書に関しては利用しているオンラインカジノに直接問い合わせて発行してもらう、もしくはトレード履歴がCSV等でダウンロードできるようであればダウンロードして印刷しておくと良いでしょう。

以上が確定申告に必要なものになります。

また、もし分からないことなどがあったら税務署の職員に相談できますのでご安心ください!

確定申告はネットでもできる?

オンラインカジノ納税・確定申告

確定申告は「e-tax」を使うとネット上でできます。e-Taxのページに入って、申告書を自分で作成し提出するだけです。

確定申告の時期は役所もかなり混むのでネットで簡単に済ませられれば楽ですね!

初心者の方でも分かりやすいページになっているので、今後e-Taxで申請してみるのもいいんじゃないかと思います。

脱税や申告漏れはダメ!ちゃんと納税しよう

納税に関することを色々と解説しましたが、日本人として納税の義務がある以上、しっかりと国に税金を収めないといけませんね。

特にオンラインカジノの場合はパチンコや競馬と違い、銀行取引に直接記録が残るので曖昧にして滞納することは難しいです。今後もしオンラインカジノで高額配当が当たった際は、この記事を思い出して税金の不払いが無いように気をつけましょう。

それでは、引き続きオンラインカジノを楽しんでください!

オンラインカジノはじめてガイド