まずオンラインカジノとはオンライン上でカジノをプレイすることができるサービスです。自宅で使っているパソコンやスマートフォンで気軽にカジノのゲームをプレイすることができます。

現実では最近日本でもランドカジノを併設するIRなども話に上がっていますが、今の所は海外に行くしかカジノを楽しむことができません。

オンラインカジノは違法じゃない

海外に行かなくてもプレイできるのがこの「オンラインカジノ」です。

今回はそんなオンラインカジノに関する法律に関してです。闇カジノの摘発のニュースや賭博事件などの報道がたまにありますが、オンラインカジノは大丈夫なの?と疑問に思っている方も多いと思います。

いろいろと論争されていますが、ここで結論を出すのでぜひご覧ください。

オンラインカジノは違法?合法?

結局のところ、オンラインカジノは違法なのか合法なのかをいくつかの側面から解説していきますね。

日本から海外オンカジでプレイしても違法では無い

オンラインカジノは違法じゃない

オンラインカジノは海外の金融ライセンスを取得しており合法的に営業・運営をしております。そのためオンラインカジノ自体はホワイトです。

そしてこのようなオンラインカジノサイトを使って日本からプレイしたとしても違法にはなりません。ただ違法ではありませんが正確に言うとオンラインカジノに関する法律が無いので「合法」でも無いということです。つまりはグレーゾーン。

なので現状はオンラインカジノを取り締まる法律が無いので普通にプレイしても特に問題は無いということになります。

過去の逮捕事例から今後の取締はほぼ無いのでは?

日本には「賭博法」というギャンブルを取り締まる法律がありますが、この賭博法は賭博を行うこと自体とその環境を提供すること自体を処罰の対象としていました。そのため『プレイヤー』と『オンラインカジノの運営元』の取り締まりです。

ですが、運営元は海外で合法的に運営をしているためこちらには適応されませんでした。

そういったこともありオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されるということはありませんでしたが、2016年にとある事件が起こります。

オンラインカジノは違法じゃない

2016年3月にオンラインカジノ「スマートライブカジノ」を日本国内から遊んでいたプレイヤー3人が逮捕されました。日本では賭博罪が適用されないのに何故このようなことが起こったのでしょうか。

まずスマートライブカジノは日本人向けのサービスを謳っており、『日本人女性ディーラー』『日本語でのチャット』『日本人専用テーブル』など日本人向けのサービスを多数打ち出してたり、サポートの対応時間も日本時間に合わせていたりしたカジノでした。

普通は海外の時間になるので日本時間の夕方くらいにサポートが開始されることがほとんどです。

以上のような点から日本国内で運営しているオンラインカジノなのではないかと運営元とプレイヤーを同時に摘発しようとした結果、プレイヤーの3名だけが逮捕されたということになります。このプレイヤーはブログ等で個人名を出して公開をしていたために特定されたらしいです。

ただこの事件によって、3名のうち2名は略式起訴の形をとり罰金を支払って釈放されています。

ただ1人だけは裁判を行い自身の潔白を主張しました。結果的に現在の法律ではオンラインカジノのプレイヤーを起訴することは難しいと検察側が判断し、「不起訴」となっています。

この不起訴になったという事実が大きく、今後法整備がされないまで取り締まりは無いのではないでしょうか。事実、この一見以降はプレイヤーが取り締まられたということは起きていません。

以下は不起訴となったプレイヤーの弁護を担当していた弁護士「津田岳宏さん」がやれているブログからの一節です。

結果が出たのは,間違いのない事実である。 本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。 言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。 営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。
引用ー不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

闇カジノ・インカジは違法に当たるので要注意

オンラインカジノが違法にあたる法律が無いため摘発等はされませんが、「闇カジノ(裏カジノ)」や「インカジ」は完全に違法となるので逮捕されます。

オンラインカジノは違法じゃない

「闇カジノ(裏カジノ)」とは日本国内において実店舗をもち、カジノがプレイできる場所です。

マンションの一室や雑居ビルの一部屋が闇カジノとして摘発されるのをたまに見るように大々的にはやっておらず、こそっと営業をしているカジノです。冒頭でも言いましたが、日本国内ではリアルカジノはできません。違法だからです。

オンラインカジノでは物足りないと闇カジノに行くのはやめましょう。それなら日本からも近いマカオに行った方が良いです。

オンラインカジノは違法じゃない

またインカジとは「インターネットカジノ」のことです。よくオンカジと混同されがちですが、インカジは店舗型のインターネット型カジノです。

リアルの店舗がありユーザーはパソコンで賭けを楽しむというものになります。そこで得た利益などはその場で換金することができるようになっており、これも違法です。すぐ換金できるのが良さそうだからとインカジでプレイするのはやめておきましょう。

こういうオンラインカジノは注意しておこう

これまでオンラインカジノの違法性やその他カジノに関するブラックな部分を紹介していきました。

ここまで読んでもらって分かったと思いますが、オンラインカジノは違法ではありません。ですが、注意しておいた方が良いこともあります。それらをいくつか紹介をしていきましょう。

ディーラーが日本人

日本人ディーラーがいる独自のライブカジノなどがあるサイトはやめておきましょう。

リアルタイムでカジノゲームが楽しめるライブカジノなどでは基本的にはアジア系女性やヨーロッパ系の女性が多いです。ですが、日本人のディーラーがいるなど謳っているオンカジは要注意です。

スマートライブカジノ事件と同様に日本人が日本で運営していると捜査対象にもなる可能性ももしかしたらあります。

ライセンスを所持していないオンカジ

ライセンスを所有していないオンラインカジノを利用するのはナンセンスです。

当サイトで紹介しているオンラインカジノは全てライセンスを所有していますが、中には怪しいサイトもあります。ライセンスを所有していない=法的に認められていないということにもなるので、選ばないようにしましょう。

また、運営元がはっきりしていないサイトも選ばない方が良いですね。もしかして日本で運営していた…なんてこともあるかもしれないので、きちんと運営元はチェックするようにしてください!

自身の活動をブログにしたり身バレするようなことはしない

スマートライブカジノ事件で摘発されたプレイヤーは自身のブログ等でプレイ結果などを紹介していたということがあります。

こういった身バレする可能性がある行為は極力控えていた方が良いかもしれませんね。

オンラインカジノはじめてガイド