この記事では、サイコロ2つの出目の合計を予想する「クラップス」の遊び方を紹介していきます。

2つのサイコロの出目の組み合わせがどうなるかに対して様々な賭け方ができるのが特徴です。初心者でも1つの賭け方を覚えるだけで簡単に遊べるクラップスのルールや配当などを確認していきましょう。

クラップスって何?ゲームの概要を知ろう

クラップスって何?
難易度普通
進行速度2分~5分
配当1倍~30倍
ライブカジノ×

クラップスは、2つのサイコロを同時に投げ、その出た目の組み合わせや合計を予想するゲーム。ディーラーではなく、すべてのプレイヤーが交代でサイコロを投げることができるのが大きな特徴です。

サイコロを投げるプレイヤー代表(シューター)がカジノ側を負かすよう、他のプレイヤーとともに同じ目にベットすることで応援し盛り上がるという暗黙のルールが楽しめることから、世界中で人気を集めています。

初心者でも分かるクラップスのルール・遊び方

先ほども触れた通り、クラップスのルールは2つのサイコロを投げ、その組み合わせを予想するものです。サイコロを投げるプレイヤーをシューター1投目のことをカムアウトロールと言います。このカムアウトロールでは、2つの目の合計が7か11でシューターの勝ち2か3か12がでるとシューターの負けとなりゲームが終了します。

1投目で上記以外のポイント(4, 5, 6, 8, 9, 10)が出たら、2投目以降はそのポイントが出ればシューターの勝ち、7が出ればシューターの負け。それ以外の数字であれば、ゲームは継続し勝敗が付くまで繰り返しサイコロを投げることができます。ここまでがクラップスの基本的なルールや流れです。

サイコロの出目毎の出る確率

2つのサイコロの目の合計は11種類(2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12)あり、その目の組み合わせは36通りあります。ここで、出目の確率をそれぞれ表で確認していきましょう。

2つの目の合計2つの目の組み合わせ確率
2[1, 1] (1通り)2.77%
3[1, 2] [2, 1] (2通り)5.55%
4[1, 3] [3, 1] [2, 2] (3通り)8.33%
5[1, 4] [4, 1] [2, 3] [3, 2] (4通り)11.11%
6[1, 5] [5, 1] [2, 4] [4, 2] [3, 3] (5通り)13.88%
7[1, 6] [6, 1] [2, 5] [5, 2] [3, 4] [4, 3] (6通り)16.66%
8[2, 6] [6, 2] [3, 5] [5, 3] [4, 4] (5通り)13.88%
9[3, 6] [6, 3] [4, 5] [5, 4] (4通り)11.11%
10[4, 6] [6, 4] [5, 5] (3通り)8.33%
11[5, 6] [6, 5] (2通り)5.55%
12[6, 6] (1通り)2.77%

出目の確率を見ても分かる通り、7が一番出やすくなっています。プレイヤーの勝率が高いともいえるので、7の出目を予想し、シューターを応援するのは理にかなっていると言えますね。

クラップスの賭け方と配当

クラップスでは出目の組み合わせによって様々な賭け方ができます。鉄板の賭け方もあれば、その一方でロマンを追い求めるような地雷ともいえる賭け方も存在するので適当に賭ければよいというものではありません。

ここではクラップスの賭け方とその配当について説明していきます。

クラップスは1ゲームがどのタイミングで終了するか分からないため1ゲームをシリーズと呼び、1投目を投げた後でも参加できる賭け方もあります。

また複数人が参加するクラップスでは、シューターの負けを予想する賭け方をしないという暗黙の了解があるので注意しましょう。以降は出目の合計が7か11であることをナチュラル2か3か12であることをクラップスとして紹介します。

パスライン

クラップス:パスライン

パスラインはクラップスの最も基本的な賭け方で、シューターの勝ちを予想するものです。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
1投目の出目の合計がナチュラル2倍
2投目以降の出目の合計がポイント2倍

1投目でナチュラルが出ればシューターの勝ち。クラップスが出るとシューターの負けです。これら以外の出た数字をポイントと呼び、2投目以降はそのポイントが出れば勝ち、7が出ると負けになります。

シューターの1投目(カムアウトロール)直前までに賭けることができ、勝ったときの配当は2倍です。

ドントパス

クラップス:ドントパス

ドントパスはパスラインとは真逆の賭け方で、シューターの負けを予想するものです。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
1投目の出目の合計が2か32倍
2投目以降の出目の合計が72倍

基本的にパスラインの逆ですが、例外として1投目で12が出たときは引き分けとなり払い戻されます。1投目で2か3が出ればシューターの勝ちで、ナチュラルが出るとシューターの負けです。これ以外の数字をポイントと呼び、2投目以降は7が出ると勝ち、そのポイントが出れば負けになります。

こちらもシューターの1投目(カムアウトロール)直前までに賭けることができ、勝ったときの配当は2倍です。

カム

クラップス:カム

カムもパスラインと同じくシューターの勝ちを予想する賭け方で、2投目以降であればいつでも賭けることができます。勝利条件は、以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計がナチュラル2倍
(n+1)投目以降の出目の合計がポイント(後述)2倍

例えば2投目にカムへ賭けた場合、2投目の出目の合計がナチュラルなら勝ち、クラップスなら負けです。それ以外の出目の合計をポイントとして扱い、3投目以降はポイントが出れば勝ち、7が出ると負けになります。

途中参加できる「パスライン」みたいなイメージです!

ドントカム

クラップス:ドントカム

ドントカムはカムとは逆にシューターの負けを予想する賭け方で、2投目以降であればいつでも賭けることができます。勝利条件は、以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が2か32倍
(n+1)投目以降の出目の合計が72倍

例えば2投目にドントカムへ賭けた場合、2投目の出目の合計が2か3なら勝ち、ナチュラルなら負けになります。それ以外の出目の合計はポイントとして扱い、3投目以降は7が出れば勝ち、ポイントが出ると負けです。

こちらもドントラインと同じく、1投目で12が出た場合は例外として引き分けになり払い戻四が行われます。

プレイスベット

クラップス:プレイスベット

プレイスベットは、サイコロの出目の合計が4, 5, 6, 8, 9, 10のどれかになると予想する賭け方で、2投目以降いつでも賭けることができます。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目以降で選んだ数字が7より先に出る
  • 4: 2.8倍
  • 5: 2.4倍
  • 6: 2.16倍
  • 8: 2.16倍
  • 9: 2.4倍
  • 10: 2.8倍

例えば2投目に「5」へ賭けたとすると、2投目以降7が出るまでに5が出れば勝利となります。配当は合計数の出現率の兼ね合いもあり、それぞれで異なっていますね。

ビッグシックス

クラップス:ビッグシックス

ビッグシックスは、サイコロの出目の合計が6になると予想する賭け方で、2投目以降いつでも賭けることができます。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目以降、出目の合計値が6となった場合2倍

例えば2投目に賭けた場合、2投目以降7より先に6が出れば勝ちとなります。ただし、勝利条件が同じとなるプレースベットで6を選んだときの配当倍率より低いのでこちらを選ぶべきではありません。

ビッグエイト

クラップス:ビッグエイト

ビッグエイトは、サイコロの出目の合計が8になると予想する賭け方で、2投目以降いつでも賭けることができます。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目以降、出目の合計値が8となった場合2倍

例えば2投目に賭けた場合、2投目以降7より先に8が出れば勝ちとなります。ただし、ビッグシックスと同様に勝利条件が同じとなるプレースベットで8を選んだときの配当倍率より低いのでこちらを選ぶべきではありません。

ハードウェイ

クラップス:ハードウェイ

ハードウェイは、サイコロの出目が2, 3, 4, 5いずれかのゾロ目になると予想する賭け方で、2投目以降いつでも賭けることができます。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目以降、選んだ数字のゾロ目が7より先に出る
  • 2のゾロ目:8倍
  • 3のゾロ目:10倍
  • 4のゾロ目:10倍
  • 5のゾロ目:8倍

例えば2投目に賭けた場合、2投目以降7より先に選んだ数字のゾロ目が出れば勝ちとなります。こちらも出目の確率から配当倍率が異なっていますね。

フィールドベット

クラップス:フィールドベット

フィールドベットは、サイコロの出目の合計が2, 3, 4, 9, 10, 11, 12のいずれかになると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が2, 3, 4, 9, 10, 11, 12のいずれか
  • 3, 4, 9, 10, 11:2倍
  • 2, 12:3倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が上記のいずれかになれば勝ちです。1投目に賭ける場合はシューターの負けを予想することにつながるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

エニーセブン

クラップス:エニーセブン

エニーセブンは、サイコロの出目の合計が7になると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が7になる5倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が7になれば勝ちです。2投目以降に賭ける場合はシューターの負けを予想することになるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

ツークラップス

クラップス:ツークラップス

ツークラップスは、サイコロの出目の合計が2になると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が2になる30倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が2であれば勝ちです。1投目に賭ける場合はシューターの負けを予想することになるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

スリークラップス

クラップス:スリークラップス

スリークラップスは、サイコロの出目の合計が3になると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が3になる15倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が3であれば勝ちです。1投目に賭ける場合はシューターの負けを予想することになるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

トゥエルブクラップス

クラップス:トゥエルブクラップス

トゥエルブクラップスは、サイコロの出目の合計が12になると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が12になる30倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が12であれば勝ちです。1投目に賭ける場合はシューターの負けを予想することになるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

イレブン

クラップス:イレブン

イレブンは、サイコロの出目の合計が11になると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が11になる15倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が11であれば勝ちです。

ホーンベット

クラップス:ホーンベット

ホーンベットは、サイコロの出目の合計が2, 3, 11, 12のいずれかになると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配(ベット額含む)
n投目の出目の合計が2, 3, 11, 12のいずれか
  • 3, 11:15倍
  • 2, 12:30倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が上記のいずれかになれば勝ちです。1投目に賭ける場合はシューターの負けを予想することにつながるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

エニークラップス

クラップス:エニークラップス

エニークラップスは、サイコロの出目の合計が2, 3, 12のいずれかになると予想する賭け方で、いつでも賭けることができます。ただし、直後の1投にのみ有効となるので注意しましょう。勝利条件は以下の通り。

勝利条件配当(ベット額含む)
n投目の出目の合計が2, 3, 12のいずれか8倍

例えば1投目が終わった後に賭けたとすると、2投目の出目の合計が上記のいずれかになれば勝ちです。1投目に賭ける場合はシューターの負けを予想することになるので、複数人が参加するゲームでは避けたほうが良いでしょう。

初心者はとりあえずパスラインを覚えておくべき

クラップスには様々な賭け方が存在するので、どこに賭けたらよいか迷ってしまうかもしれません。でも、これからクラップスを始める方はパスラインさえ覚えておけば大丈夫。

これはパスラインの賭け方を理解することが、クラップスのゲームの流れを理解することにつながるからですね。

クラップスをプレイする流れを解説

ここからはオンラインカジノでクラップスをプレイするまでの流れを解説します。

1プレイするクラップスを選択する

クラップスをプレイする流れ

スピンカジノの画面を例に出していますが、利用するオンラインカジノでクラップスのゲームを選択しましょう。

ゲームによって、最低ベット額が違う可能性があるので注意してください。おすすめのクラップスに関しては、あとの項目で紹介します。

矢印

21投目のベット

クラップスをプレイする流れ

1投目のベットを行っていきます。ここでは初心者におすすめのパスラインにベット。ベットが終わったら、「ロール」を押してサイコロを振りましょう。

サイコロを振ったときに出目の合計が7,11であれば勝ちで配当を受け取り、 2, 3, 12のいずれかであれば負けとなりゲームが終了します。その場合はもう一度STEP2から進めてください。それ以外の数字(4, 5, 6, 8, 9, 10)が出た場合は、STEP3に進みましょう。

矢印

32投目以降のベット・ロール

クラップスをプレイする流れ

2投目以降で有効になったところに賭けることができるようになりました。2投目以降かどうかは画面上のONというマークで確認できます。準備が終わったらロールを押して再度サイコロを振りましょう。

STEP2で出た数字であれば勝ちで配当を受け取り、7が出れば負けとなりゲームが終了します。その場合はもう一度STEP2から進めてください。STEP2で出た数字以外が出た場合は、STEP3をもう一度行います。

クラップスの必勝法!これを覚えてクラップスを攻略しよう

クラップスには様々な賭け方がありますが、ただ闇雲に賭ければよいというわけではありません。

このゲームを攻略するには、胴元の取り分であるハウスエッジ(控除率)が低いことを利用すると上手く勝てるかもしれません。そんなクラップスの攻略法を紹介します。

おすすめのクラップスはこれ!人気のゲームを紹介

オンラインカジノで遊べるクラップスは、日本語に翻訳されているものがあります。何が書いてあるのかが分かるのはもちろん、操作も簡単にできるところが素晴らしいですね。これからクラップスをプレイする人のために、おすすめのゲームを紹介していくので参考にしてみてください。

クラップスに関してのよくある質問

シューターの負けを予想するベットは禁止行為ですか?
禁止行為ではありませんが、ランドカジノやライブにおいては盛り上がりに水を差す行為となってしまうでしょう。