カジノで遊べるポーカーの1種で「レットイットライドポーカー」を知っていますか?ひと味違ったゲームとなっていてポーカー好きにもおすすめのゲームです。

今回はそんなレットイットライドのルールや遊び方について、初心者の方にも分かりやすく解説していきたいと思います。

レットイットライドってなに?ゲームの概要を知ろう

レットイットライド遊び方・ルール
難易度普通
進行速度30秒ほど
配当2~1,000倍
ライブカジノ

従来のポーカーではディーラー側が好条件のカードが揃っていない場合にゲームをそのまま降りることができるルールがありました。それだと不公平だ!となり、それができないレットイットライド(別名:ライデムポーカー)が考案されたということです。

ポーカーの1種なのでポーカーが好きなプレイヤーに人気のゲームですが、オンカジ初心者の方でも楽しめるゲームなのでこの記事を参考にしながらせひプレイしてみて下さい!

初心者でも分かるレットイットライドのルール・遊び方

レットイットライドは、手札の3枚のカードと、場にある2枚のカードを合わせてポーカーの強い役を作るゲームとなっています。ディーラーやプレイヤーとの勝負では無く、あくまで強い役が作れるかどうかを狙うポーカーです。

どちらかと言うとビデオポーカーに少し近いイメージですね!成立した役に応じて配当がかわってくるので解説していきます。

レットイットライドの役と配当

レットイットライドの役は基本的なポーカーとほとんど一緒です。ポーカーの役に関しては、ポーカーをプレイするなら役を覚えようこちらを参考にしてみてください。

以下がレットイットライドでの役と配当表になります。

成立役配当(ベット額含む)
ワンペア(10以上) 2倍
ツーペア 3倍
スリーカード 4倍
ストレート 6倍
フラッシュ 9倍
フルハウス 12倍
フォーカード 51倍
ストレートフラッシュ 201倍
ロイヤルストレート 1,001倍

役に関しては一般的なドローポーカーと変わりませんが、ワンペアに関しては10以下のペアでは成立しないので注意が必要です!

またカードの中にジョーカーが入ってきます。ジョーカーは何のカードの代替えにもなる最強のカードです。

10以上のワンペアが揃ったらとりあえずライドする

レットイットライド遊び方・ルール

レットイットライドの場合は、手札に10以上のワンペアが揃った時点で勝ちが確定するので、最初の配られた3枚を見ていけそうであればレットイットライドしましょう。

最初の手札で10以上のワンペアも難しそうであれば、最初の選択でいさぎよくプルベット(降りる)をしてリスクを回避するのがいいかもしれませんね。

レットイットライドをプレイする流れを解説

ここからはオンラインカジノでレットイットライドをプレイするまでの流れを紹介していきます。

1カジノゲームの中からレットイットライドを選ぶ

レットイットライド遊び方・ルール

まずはオンラインカジノでレットイットライドを選択します。「テーブルゲーム」や「ポーカー」のジャンルに入っていることが多いです。

矢印

2ベットエリアにチップを置く

レットイットライド遊び方・ルール

ベットエリアにある「$」「2」「1」にそれぞれ同額のチップを賭けると、ディーラーからカードが配られゲームがスタートします。ベット完了後、ディーラーから3枚の表向きのカード(手札)+裏向きのコミュニティーカード2枚(共通カード)が配られます。

レットイットライド遊び方・ルール

最初の段階では共通のコミュニティカードはふせられた状態なので、配られた3枚の手札カードを見て、ライドしようと思った場合は右のRIDEをクリックします。プルベット(掛け金を引き取る)しようと思う場合は左のPASSをクリックしてください。

レットイットライド遊び方・ルール

「プルベットを選択した場合には【1】に置いたチップが戻ってきた状態」「ライドを選択した場合は賭け金はそのまま」でコミュニティカードが1枚めくられます

1回目の選択でプルベットをした場合でもそこでゲーム終了ではありません!

コミュニティカードが1枚めくられている状態でまたライドするかプルベットをするかを選択していきます。

矢印

3最後のカードがめくられて結果が出る

レットイットライド遊び方・ルール

後はディーラーが2枚目のコミュニティカードをめくると結果がでます。役が完成していれば、役の強さに応じた配当が支払われる仕組みです!

仮に最初の段階でプルベットをしたとしても、フタを開いてみれば役が揃っていたということもありえます。そういう時にでもベット額が少なくなるものの配当は受け取れるのがレットイットライドのおもしろいところですね。