今では日本のパチスロ・パチンコは大衆ギャンブルとして定着しています。

パチスロでは人気アニメとタイアップをしている台があったり、ゲームセンターに置いてあったりするため、幅広い方がプレイしたことがあると思うので何となくスロットに対するイメージを持っているはずです。

ただ、ランドカジノやオンラインカジノのスロットは日本のパチスロとは違います。ここではいわゆるパチスロとカジノでプレイできるスロットの違いについて解説をしていきましょう。

オンラインカジノスロットと日本のパチスロの違い

日本のパチスロとオンラインカジノのスロットの違いは大きく分けて4つあります。まったく別物だと思ってください。

日本のパチスロが好きな人がそのままカジノのスロットが好きになることも多々ありますが、日本のスロットはまったく打たないけどカジノスロットはめちゃくちゃ好きという人もいます。その理由をではひとつずつ紹介をしていきましょう。

オンカジスロットは目押しなどのテクニックが必要無い

スロット目押し

オンラインカジノのスロットには一切目押しが必要ありません!

日本のスロットでは自分で3つとものリールを押して停止させます。レア子役を取りこぼさないように目押しをして損を無くしたり、出目を楽しんで遊ぶことが多いです。

慣れれば楽しいのですが初めての人からすると難しくてプレイするのを躊躇してしまいがちです。まわりのお客さんに見られるのも恥ずかしいですよね…

スロット画像

その点、オンラインカジノスロットは一切目押しは必要無く、ほぼフルオートでプレイできるのでテクニックは必要ありません。

また、日本のパチスロはゲーム内のシステムが複雑です。ゲーム数解除や低確・高確、モード移行ななど打つ前に事前に知識が無いと損をしてしまうこともあります。もう少しで当たるのに他の人に台を譲ってしまった…なんてことも。

ただオンラインカジノにはそういった前知識はほぼ必要ありません。

ゲーム数のカウントやモード移行など難しいシステムは無く、シンプルに通常時とボーナス中(フリースピン中)にゲームフローが分けられることがほとんどなので当たりやすいゲーム数なども存在しません。いつプレイしても良いですし、いつストップしても良いです。

パチスロのように設定が存在しない

先程、オンラインカジノのスロットには複雑なゲームシステムが無いと言いましたが、つまりは「設定」がありません。

日本のパチスロは基本的には設定1~6に分けられますよね。小役の落ちやボーナス確率、モード移行率、AT直撃などあらゆる面から設定推測をしていきますが、オンラインカジノのスロットにはまったく必要ありません。

複雑なゲームシステムが無ければ設定も無いので、前知識がほぼ無くても楽しめるし、勝つこともできるため敷居が低く始められるのがオンカジスロットの醍醐味ですね。

オンカジスロットにはジャックポットがある

スロットジャックポット

みなさんも「ジャックポット」という言葉を聞いたことがあると思いますが、いわゆる超大当たりというものです。

数千万から数十億という配当がもらえるのがジャックポットとなり、まさに一攫千金の象徴となっています。夢のようなものだと思いがちですが、日本でも億超えのジャックポットを当てたプレイヤーがいるという情報も!

ジャックポット仕組み

ジャックポットとはそのゲームをプレイするプレイヤーの賭け金の一部を積立していきます。この積立金額がジャックポットの配当として手に入るのですが、あなただけの積立金だけではなく世界中のプレイヤーからの積立金がジャックポットして貯まっていきます。

またジャックポットにもいくつか種類がありますが、人気があるのは「ワイドエリア・プログレッシブ」と呼ばれるジャックポットです。

積立金がオンラインカジノサイトに貯まるのでは、そのスロットを提供しているソフトウェア会社に貯まります。つまり利用しているオンラインカジノサイトが違ってもそのスロットをプレイしているすべてのプレイヤーのトータルです。

なので金額も自ずと大きくなってくるということですね。

もちろんジャックポットを搭載しているスロットとそうでないスロットがあるので、大きく狙いたいという人はジャックポット付きスロットをプレイするのもおすすめです。

投資額の上限が違う。オンカジスロットの方が爆発力がある

ジャックポットがあることもそうですが、オンラインカジノのスロットは日本のパチスロと違って投資上限額が遥かに高いこともあり爆発力があります。

スロットベット額

日本のパチスロだと5円/10円/20円スロットが主流となっており、ベット額が最高でも1回転に60円ほどとなります。

その点、オンラインカジノのスロットは自由度が高く、1回転$0.1(約10円)に抑えることができる反面、1回転$100(約1万円)まで引き上げることも可能です。$100賭けでボーナスが当たればかなり配当も大きくなるためハイリスク・ハイリターンなスロットをプレイすることができます。

スロット高配当

また日本のスロットは規制が入ってきているためだんだんと大勝ちができにくくなっていますし、出玉を出すのにも時間がかかってしまうという欠点があります。今の状況だと1日に20万稼げればかなり良い方ではないでしょうか。

その点、オンカジスロットでは賭け金によってはものの数分で20万円の当たりが来ることもあります。時間効率から考えても爆発力とスピードが桁違いですね。


いかがだったでしょうか。日本のパチスロとオンラインカジノのスロットにはこのような違いがあります。

オンラインカジノのスロットは稼げる額と早さが全然違うというのが一番の違いと言えます。ただ、少ない資金で長く楽しむということももちろんできるので、すべてが一攫千金狙いのスロットばかりでは無いのでご安心を!

オンラインカジノはじめてガイド

ゲームに関しての不安や疑問

他の項目