みなさんはスマホやPCでネットを使用している際に回線が不安定になり、接続が切れてしまった経験はありませんか?オンラインカジノにおいても時々起こりうる現象で、大事な場面でそんなことが起きると…想像したくも無いですね。

運営元が海外にあるため多少の通信障害が起こることはいたし方ないことですが、プレイヤー側からするとお金を賭けてやっているので心配です。

そこで今回は、プレイ中に通信障害が起こった場合の対処法や予防について解説していきたいと思います!もしもの時に備えてチェックしときましょう。

オンラインカジノでネットの通信切れが起きた場合の対応

ゲーム中に通信障害が起きた場合の対応に関しては、ゲームによって変わってきます。

これを知らないでプレイをしていると、いざこのような状況に陥った時に何も分からず困ってしまうので、ぜひ頭に入れておきましょう!

スロットでネット接続が切れた場合

スロット画面

スロットをプレイ中に通信障害が起きて回線が切れてしまったとしても何も問題はありません。開き直すと途切れてしまっていた所からリスタートするからします。

配当が確定してすぐに回線が切れてしまったとしても、再度ゲームに戻るとしっかり残高に加算されてるので安心してください。また、スロットが回っている最中に回線が切れてしまった場合にはベットしていた額が残高に戻り、やり直しとなります。

いかなる理由に関わらず、中断または切断された承認済みのゲームラウンドが生じた場合、すべてのユーザーの取引は正確に記録されています。未完了のゲームラウンドは、通常、ゲームが再開されると復元されるか、またはそれが不可能な場合には、そのゲームラウンドはBreckenridgeにより削除され、賭け金額がユーザーのアカウントに払い戻されます。
引用ーベラジョンカジノ利用規約

ベラジョンの利用規約にもあるように、接続が切れてしまったとしても配当が支払われなかったり、回っているときに切れてベット額分損をするということは無さそうですね。

ライブカジノでネット接続が切れた場合

ライブカジノ通常のカジノゲームと違いリアルタイムの映像を配信し、多くのユーザーが見ているため通信が重たくなる傾向があります。そのため途中で通信が切れたり、サーバーが重くなり固まってしまったり、タイムラグが発生したりと問題が起こりやすいです。

ライブバカラやライブルーレットであればベットした後は自動でゲームが進行されるため問題ありませんが、厄介なのがライブブラックジャック。

ライブブッラクジャック

ブラックジャックは自分で作戦を考えてカードをヒットするかスタンドするか決めるため自動で進行されません

もし通信障害が起きてゲームを再開しても先程の結果が勝ったのか負けたのか分からない場合は、プレイしているカジノにチャットやメールを使って問い合わせましょう。

この時にプレイしていたゲームのIDを伝えることを忘れずに行ってください。

状況によっては返金が可能な場合もありますが、必ずしもとは言い切れないのでそれなりの覚悟をしないといけません。またカジノサイトによっては取引履歴から回線が切れたときの勝ち負けを見ることができるので、確認するようにしましょう。

通信切れにならないための対処法

通信障害を完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、こちら側で対策を打つことで切れにくくすることはできます!

これらの対策を行って通信障害を防げましょう。

人が多い場所や移動中はやらないようにする

移動中のスマートフォン

どうしても人が混み合っている場所で回線を利用すると処理速度に時間がかかってしまい問題が起こりやすなってしまいます。

なのでできるだけ通信が混み合わない自宅や安定した通信が可能な場所でプレイするようにしましょう。

また移動中なども通信が不安定になりやすいので注意してください!特に電車や新幹線ではトンネルや地下に入るので急に電波が入らなくなることもあるので注意してください!

通信が弱い場合はネット回線の見直しも

自宅の通信環境を改善することも対策のひとつとしてできることです。

チェックポイントは2点あります。

  • 高速回線の使用(光回線)
  • 無線LANルーターのスペックチェック

利用している回線が低速のものであれば通信が途切れやすくなることもあるので契約しているネット回線の見直しと、使っているルーターを再確認してみましょう!

無線ルーターに複数のデバイスを接続しすぎると重くなることがあるので見直してみてください。

自宅のネット回線を改善することで通信障害も防げますね!

オンラインカジノはじめてガイド

ゲームに関しての不安や疑問

他の項目